早期発見チェック

最近、気になりませんか? ~早めの発見・治療のために~

「認知症の人と家族の会」の経験からまとめた早期発見の目安です

これらは「年のせい」ではないことがあります。
いくつか思い当たる場合は、早めに専門のお医者さんや病院に相談してみましょう。
こちらのページをプリントアウトし、当てはまる項目にチェックしてください。

もの忘れがひどい

□今切ったばかりなのに、電話の相手の名前を忘れる
□同じことを何度も言う・問う・する
□しまい忘れ置き忘れが増え、いつも探し物をしている
□財布・通帳・衣類などを盗まれたと人を疑う

人柄が変わる

□ささいなことで怒りっぽくなった
□周りへの気づかいがなくなり頑固になった
□自分の失敗を人のせいにする
□「このごろ様子がおかしい」と周囲から言われた

判断・理解力が衰える

□料理・片付け・計算・運転などのミスが多くなった
□新しいことが覚えられない
□話のつじつまが合わない
□番組の内容が理解できなくなった

不安感が強い

□ひとりになると怖がったり寂しがったりする
□外出時、持ち物を何度も確かめる
□「頭が変になった」と本人が訴える

時間・場所がわからない

□約束の日時や場所を間違えるようになった
□慣れた道でも迷うことがある

意欲がなくなる

□下着を替えず、身だしなみを構わなくなった
□趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなった
□ふさぎ込んで何をするのも面倒がり嫌がる

早期発見のメリット

治せる認知症なのか、進行を止めたり遅らせたりできる認知症なのかが、症状が軽い段階でわかれば、大きな効果が期待できます。できるだけ早く専門の医者に診てもらうことが大切です。
症状の軽いうちに、病気とどう向き合い、どのように生活していくのかなどについて、専門家の意見を聞きながら、いろいろな準備や手配をしておけば、認知症であっても自分らしい生き方ができます。

 

医療機関・・・認知症に関する診断や治療についての支援が受けられます。
地域包括支援センター・・・病院や介護サービスの情報提供など総合的な相談ができます。
相談窓口ページ参照